任意の論理式は積項(AND)を和(OR)で表現する積和形式に変換することができます.積和形式をプロダクト・タームといいます.CPLDマクロセル内のAND-OR アレイ・ブロックもプロダクト・タームと呼ばれ,このアレイの接点を切り替えることで任意の論理式の回路を実現できるようになっています.