ハードウェアの設計を可視的に描いたものをいい,スケマティックとも呼ばれます.この手法は,HDL(Hardware Description Language)のように文字でハードウェアを記述する方法と対比されます.HDL 入力の場合,言語の文法を覚える必要はありますが,回路変更に対する柔軟性があります.一方,回路図入力の場合,GUI に従えば回路図をそのまま入力して作成できます.ただし回路変更の際に,GUI で配線を描き直さなければならず,柔軟性に欠けるという短所があります.