クイズでわかるFPGAの素顔

10回にわたって連載してきたFPGA入門「知っていそうで知らないFPGAの素顔」だが、ここでクイズ形式でおさらいをしてみたい。

【問題1】論理回路を現場でプログラミングできるのがFPGAの大きな特徴である。

YES
NO

【問題2】FPGAは1度だけ論理回路を書き換えることができる。

YES
NO

【問題3】FPGAの用途はグルー・ロジックのみである。

YES
NO

【問題4】FPGAはピン数が同じならば,回路規模は同じである。

YES
NO

【問題5】FPGAは、あくまで回路が固まる前の試作用として採用するものである。

YES
NO

【問題6】FPGAはユーザ設計のテープアウト(設計完了後に半導体ファブにデータを送ること)をしてからでないとサンプルが手に入らない。

YES
NO

【問題7】FPGAを採用すれば、製品の仕様や機能の決定タイミングを遅らせられる。

YES
NO

【問題8】FPGAの開発にかかる作業は通常のロジック設計とは大きく異なる。

YES
NO

【問題9】FPGAの開発ツールは、FPGAベンダーから有償で提供しているものしかない。

YES
NO

【問題10】FPGAを選定する際に、FPGA本体のデータ・シートだけに頼るのは危険である。

YES
NO